PrecisionMarketing デジタルマーケティングのプレシジョンマーケティング

ご挨拶

代表取締役会長CEO 高崎 青史

代表取締役会長CEO 高崎 青史

1999年以降、ブロードバンドが普及し、消費者の生活が日々便利になっていきました。そして、多くの事業者にも平等にチャンスがおとずれ、時代が大きく変化を遂げました。 私自身も、WEBデザインからWEBプロモーションにキャリアを積み上げ、その後、企業のマーケティング担当やコンサルティング会社の人間として、WEBマーケティングの仕事に従事してまいりました。

一方、参入障壁の低さから、色々な企業がWEBマーケティング活動を強化していきました。
中には、自社の利益を優先し、『価値がある商品・サービス』を提供することへの意識が薄れ、プロモーション活動だけを上手にやりくりし、結果、エンドユーザーが後悔するような出会いも増え始めました。

また、WEBマーケティングを支援する企業でも、本質的ではないサービスの提供が増え始めました。ならびに、クオリティが維持できない中でも、仕事を受注し続ける会社も乱立してきました。 私が成長した、そして、世の中を大きく成長させたWEBマーケティング業界を、微力ながら健全な状態にしたいと想い、2007年に、プレシジョンマーケティングを設立致しました。 プレシジョンは精確という意味で、精確なマーケティング支援を提供し続けたいという想いが込められています。

時は流れ、2017年。
消費者ニーズとデジタル環境の多様化と複雑化が増しました。
WEBマーケティングだけでは成果が出しづらくなり、デジタルを総合的に最適化するデジタルマーケティングが主流になりました。また、多くの業種業態が成熟期に入りました。日本の社会問題に目を向けると、日本の生産年齢人口は間もなく60%をきります。我々は、この現状を踏まえ、時代が変化し続けても、お客様の事業が発展し続けられる「マーケティング支援」を追求していきます。ならびに、私自身が大きく成長できた「マーケティング支援」を通じて、1人でも多くの人財に「自律的な成長」が出来る場を提供していきます。結果、本質的なマーケティング活動が出来る企業を1社でも多く増やし、企業の生産性向上に貢献し、社会の持続的発展に貢献してまいります。

代表取締役社長COO 西原 元一

代表取締役社長COO 西原 元一

Google AdWords広告が日本に上陸してきた2002年。

私もデジタルマーケティングの世界に足を踏み入れましたが、そこから早15年あまりで、広告業界ではインターネットがテレビに次ぐ2番目のメディアになるまでに成長しました。

その中でも、特に当社が得意な領域としている「運用型広告」は年々急激な伸びを見せていますが、一方、このような成長の時代だから起こりえると思うのですが、本当にそれでプロといえるのか?と思えるようなサービスを提供する事業者や、正しいことが何かを知らないが故、それを甘んじて受け入れてしまう事業主の方々がたくさんいることも事実です。

だからこそ、本質的に大切なことは何か、そしてそれに必要なサービスは何かを見極める『目』を養うことを、そしてそれに真正面から向き合うこと恐れずに突き進むことを、我々は怠らないことが非常に大切であると考えています。

また私は"三方よし"、「売り手良し」「買い手良し 」「世間良し」の精神、近江商人が大切にしていたこの言葉を、いつの時も忘れずに胸に刻んでいます。

『誰かが』ではなく、『皆が』、つまり関係するすべての人が幸せになるよう、我々プレシジョンマーケティングがデジタルマーケティングを使ったコンサルティングにより、微力ながらも力添えしたいと思っております。そしてこれから先の未来は、これまで以上に早いスピードでテクノロジーの進化や新しいメディアの誕生、さらにそもそもの人々の価値自体の変化も起こってくるでしょう。

しかし、人間本来の持つ本質はいつまでも変わらないと考えており、だからこそこれから先の未来がどのように変化しようとも誰からも必要とされる、強くもしなやかな組織を作り、一つでも多くの企業や人を幸せにできるようご支援してまいります。

page top